第57回正眼夏期講座

今年も正眼夏期講座に行って来ました。
第50回から毎年参加しているから今年で連続8回目です。
正眼寺とは【天下の鬼叢林】と言われて厳しい修行で有名な臨済宗の禅専門道場ですが、昔、日本シリーズを9連覇した巨人軍の川上哲治監督が当時の住職梶浦逸外老師に参禅した禅寺としても知られています。
正眼寺は、関山慧玄が大徳寺開山宗峰妙超のもとでの修業が完成したのち伊深に隠れ住み、花園法皇に召され京都に行くまでの数年間村人と共に悟り後の生活をされたところに建てられています。
宗峰妙超が亡くなる時、花園法皇に自分に代わる禅の師として関山慧玄を推挙しましたがその時花園法皇の離宮を禅刹に改めたのが現在の臨済宗妙心寺派大本山妙心寺です。
ですから正眼寺は妙心寺の奥の院とも称されています。
23日(土)は朝3:55に富山の家を出発して正眼寺駐車場に到着したのは7:35、受付に行ったのは7:45でしたが未だ受付の机が並べられてはいるが資料等の準備が出来ていませんでした。
図らずも1番乗りとなりましたが、富山から出掛けて来て1番乗りした記念として受付の雲水さんから山川宗玄老師直筆の《無一物》と書かれた団扇をいただきました。
先着48名にプレゼントされる団扇で講座の席で皆さんに渡される予定の団扇でしたが、私には記念に特別に受付で渡されました。
私は『名誉な事です。嬉しいです』と行ったら雲水さんは『おめでとうございます』なんて笑いながら軽いノリで応えてくれましたが、今回はその様な幸先の良いスタートでした。
講座は例年の通り山川宗玄老師(ロウシ)の挨拶に始まり、招待された講師の講演、演奏、坐禅、老師の提唱などが続きましたが、今回の講師は東京工業大学名誉教授《森政弘氏》、大阪芸術大学教授《石川豊子氏》、演奏は《スイス管弦楽アンサンブル》でしたが、どの講座も演奏も素晴らしいものでした。
本番の坐禅は1日2回、1時間づつ坐りました。
雲水さんが警策を持って廻り、坐禅で身体が疲れたり歪んできたりした人は合唱して脊中の僧坊筋を打って貰い血液の循環を良くします。
2日目朝の提唱は山川宗玄老師が本尊の釈尊に向って自分の悟りの境涯を話される行事ですが、我々は老師の話しを横で拝聴している訳です。
老師は講座に参加している我々に理解し易い様な内容で話されているのだと思いますが、例年の事ながら非常に分かり易く為になる話しでした。
正眼寺が【天下の鬼叢林】と言われている所以は唯一つ、老師と、道場で雲水を指導される直日(ジキジツ)の力量に寄るものですが、私は講座終了後偶然にも直日さんと会話を交わす機会があり、道場生活で感じている事など聞く事が出来ました。
そして山川宗玄老師が講師を送りに来られたところに偶然にも廊下で出会い、改めて挨拶する事も出来ました。
そして私が帰る時突然豪雨が降って来たので老師は副司(フウス)さんに駐車しているところまで送る様に指示され、私は副司さんの差される傘で車まで送っていただきました。
副司とはお寺の会計や切り盛りをしている重要な役僧ですが、老師や副学長と一緒に講師を送りに来られたところ突然の豪雨で送っていただく事になってしまいました。
車まではあれこれ話しをしながら送っていただきましたが、これも非常に珍しい事です。
今回の夏期講習は、最初の受け付けで特別に団扇をいただいた事から始まって最後は老師様、直日さん、副司さんと挨拶や会話を交わす事の出来た珍しい事尽めの講座でした。


                    夏期講座会場の本堂
e0231554_1719993.jpg


             1番乗りの記念に特別に受付でいただいた団扇
                  禅の根本儀《本来無一物》
e0231554_17186100.jpg


                   山川宗玄老師開講挨拶
e0231554_17185254.jpg


                     山川宗玄老師提唱
e0231554_1719537.jpg


                東京工業大学名誉教授 森政弘氏
e0231554_17204852.jpg


                大阪芸術大学教授 石川豊子氏
e0231554_1721540.jpg



今回夏期講座の参加予約は23日は151人《内、泊まりは65人前後》、24日は162人です。
そして禅の講座には若い男性女性が大勢参加しています。
夏期講座開催は毎年7月の第3土日ですから、来年は7月21日(土)、22日(日)です。
正眼夏期講座は非常に分かり易くて為になり、楽しい講座ですから皆さんも一度参加してみられませんか(*^_^*)

正眼寺の案内をしますが
住所は・・・〒505-0008 岐阜県美濃加茂市伊深町872-2
電話は・・・0574-29-1369
です。
最寄りの駅は高山線の美濃太田駅ですが、駅から8kmも離れています。
昔は路線バスが通っていたらしいですが採算が合わないからか今は廃止されています。
ですから正眼寺に行く時は車で行くか、或いは美濃太田駅から2時間歩いて行くか、タクシーで行くしかありません。

今度の31日(日)は富山県高岡市太田、国泰寺での禅夏季講坐に参加です。
               
[PR]

by pcvhirose | 2011-07-25 17:39