妙心寺開山無相大師650年遠諱報恩大摂心

現在臨済宗は14派ありますが、その内釈尊の悟りがその儘ソックリ伝えられているのは妙心寺派のみです。
それほど悟りをその儘ソックリ後継者に伝えるのは至難なのだと思います。
私は一昨年、平成21年11月6日(金)~8日(日)の3日間大本山妙心寺で【妙心寺開山無相大師 一般寺院・檀信徒報恩大摂心】に参加しました。
妙心寺開山無相大師遠諱報恩大摂心は50年毎に行われておりますが、50年後には700年遠諱の大摂心があります。
私は50年後の700年遠諱にも参加となると甚だ覚束ないですが、少なくとも今回の650年遠諱に縁を持って参加出来た事は非常に有り難い事であると思っております。
参加者は全国から集まり、男性205人、女性92人、合計297人でしたが、女性が31%も占めたのには正直意外でした。
粥座(朝食)、斎座(昼食)、薬石(夕食)、他の決まった行事以外の時間は坐禅ばかりやっていました。
天井に狩野探幽の龍が描いてある法堂で坐禅しましたが、坐禅坐禅の坐禅漬けの感じで、今迄あれほど坐禅ばかりした事はありませんでした。
指導され面倒を見られた雲水さんも大変だったと思います。
2日目の7日14時半から、7月25日投稿のブログで紹介しましたが、岐阜県伊深正眼寺の山川宗玄老師が記念講演をされました。
正眼寺開山無相大師は大徳寺開山大灯国師のもとでの修業が完成した後、岐阜県伊深に移り住み村人達と悟り後の生活をされました。
師の大灯国師が亡くなる時遺言で、花園法皇の禅の師の後継者として弟子の無相大師を推挙しましたが、その時花園法皇は離宮を妙心寺にして無相大師《当時は関山慧玄》を開山として迎えました。
その為、正眼寺は本山妙心寺の奥の院とも言われています。

                      大本山妙心寺山門
e0231554_19123739.jpg


                      大摂心スケジュール
e0231554_1914778.jpg


                      私の班の記念写真
     真中が東海大光管長、向って左2人目が山川宗玄老師、私は後列2列目
e0231554_19135763.jpg


                      掲げられていた標語
e0231554_20174584.jpg


           解散後山門で、管長、老師様、雲水さん達の見送り
           左が東海大光管長、左から4人目が山川宗玄老師
e0231554_20173315.jpg



                         
[PR]

by pcvhirose | 2011-08-24 20:25