<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

《山田鎌倉いなか体験》のホットレポート

先週22日(土)は利賀で《蕎麦打ちと利賀の山祭り》に参加して新しい世界の刺激を全身に受けて来ましたが、引き続いて29日(土)~30日(日)は一泊2日で《山田鎌倉いなか体験》に参加して来ました。
私が習っている健康体操【自彊術】の先生に誘われて二つ返事で参加しましたが、これが又、利賀と同じくらい刺激的な体験でした。
先ず初日の29日は蕎麦刈りです。
収穫時期の蕎麦の茎は赤くなるのは初めて知りましたが、それも驚きでした。
実際に鎌で赤く色付いた茎を刈りましたが、非常に貴重な体験でした。
蕎麦刈りの後マコモタケというイネ科の植物畑に案内して貰い、茎を切って中の白い身を生で齧りましたが、これもこのイベントならではの体験でした。
参加者は県外からも大勢参加され、愛知県名古屋市から2人、安城市から1人、兵庫県から1人、合計4人も参加されました。
29日の夕方の懇親会は地元料理に舌鼓を打ち、大いに盛り上がりました。
地元の人達が厨房で地元料理を作ったり配膳したりしておられましたが、何と何と、その中に数年前にあるカルチャーで知り合った素敵なお嬢さんがおられました。
天の配剤と言ったら良いのか分かりませんが、意外も意外、本当に驚いたな~ッ(^^)/~~~
二日目の30日は先ずは餅つきです。
私にも餅つき体験を薦められたのでついてみましたが、餅に水を湿す合いの手をしてくれた人は、何と何と、又してもカルチャーで知り合ったお嬢さんでした。
昨日に引き続いて今日は一緒に餅つきまで出来るとは、一体どうなっているのか分からないけど本当に思いもしない出会いでした。
餅つきで盛り上がった後、いよいよ蕎麦打ち体験です。
この蕎麦打ち体験には東日本被災の人達も15人参加されましたが我々と一緒に楽しく蕎麦を打ちました。
私は初心者同様とは言え、何回か経験していましたが、中には初めての人もいて、皆さん一生懸命挑戦していました。
打った蕎麦を早速茹でて食べました。
初めて体験した人もいて、切った蕎麦の太さは結構太目でしたが、それでも皆さんの評価は『自分で打った蕎麦がこんなに美味しいとは思わなかった』と大満足でした。
先週に続いて今回も実に素晴らしい体験と出会いでしたが来年も都合の付く限り参加する事にしています(*^_^*)

                 山田鎌倉いなか体験の案内
e0231554_1423075.jpg


               蕎麦刈り、茎が赤いとは知らなかった(゜o゜)
e0231554_14262070.jpg

e0231554_14245596.jpg

e0231554_1429576.jpg


                マコモタケ、茎の白い部分を齧りました
e0231554_14294729.jpg


                数年ぶりに会った素敵なお嬢さん
                餅つきの合いの手をして貰いました
  島倉千代子さんの歌じゃないけど幸せ一杯!胸一杯♪(*^_^*)♬
e0231554_1431844.jpg


                   一生懸命蕎麦打ち体験
e0231554_14334065.jpg









                     
[PR]

by pcvhirose | 2011-10-31 15:12

利賀の《新蕎麦を打ち》とイベント《ど~んと利賀の山祭り》

今日一日、利賀村めんめん館で《新蕎麦打ち》をしてお昼に食べた後、蕎麦の郷でのイベント《ど~んと利賀の山祭り》を楽しんで来ました。
新蕎麦打ちは10月8日に収穫した蕎麦を打ちましたが、打っている最中にも芳しい香りが漂って来て、食べても美味しいし、何と言っても新蕎麦は最高です。
利賀蕎麦はウグイス色が掛かっていて見た目にも素敵です。
《新蕎麦打ち》の後向った蕎麦の郷でのイベント《ど~んと利賀の山祭り》のメインイベントは【石かち】ですが、昔し合掌造りの家屋を建てる時、丸太で組んだ櫓の中に撞木といわれる柱を入れ両側から綱を引いて撞木を上下に動かし、基礎石を突き固めましたが、それが現在《ど~んと利賀の山祭り》のメインイベントとして再現されています。
石かち唄に合わせて設置された撞木の綱を引くのを見学しましたが、大きな声で歌う石かち唄と大きな掛け声の綱引きはなかなか勇壮なものでした。
このイベントにも私の蕎麦グループの先輩方が蕎麦打ちのサービスをしていましたが、私は早速先輩方の打ったざるそばをいただきました。
暫く蕎麦打ちの手際良さも拝見していましたが非常に勉強になりました。
私は《新蕎麦打ち》《ど~んと利賀の山祭り》でスッカリ利賀蕎麦に魅せられて新蕎麦1kgを買って来ましたが、食べさせられる家族の評価が気になるところです。

                 利賀村めんめん館
e0231554_20535780.jpg


             私の打った新蕎麦と昼食
            どちらも美味しかったです
e0231554_20552049.jpg


               ど~んと利賀の山祭り
e0231554_20562597.jpg


              メインイベント 石 か ち
e0231554_20563622.jpg

e0231554_2058134.jpg


                   イベント会場
e0231554_20591034.jpg


           お母さんが杵を振っていました
                    スゴイ迫力 !!
e0231554_20573984.jpg



                 蕎麦サークル先輩方の
                        蕎麦打ち
e0231554_2112437.jpg

e0231554_21134129.jpg

e0231554_21141036.jpg

[PR]

by pcvhirose | 2011-10-22 21:26

富山大学茶道部席持ち

今日、明日は富山大学祭ですが、今日8日(土)は茶道部が席持ちをしました。
今年は1年生が主体でお点前をして来客にお茶を振る舞いましたが、私も朝から一緒に後輩の活躍ぶりを眺めていました。
席持ちの場所は黒田講堂前で、来客数は110人です。
8月8日に投稿したブログに紹介しましたが、富山大学茶道部《遠州流》は昭和39年5月、私が2年生の時に発足しました。
以来脈々と47年間続いていますが、あと3年、平成26年で創立50周年、半世紀の大きな節目を迎えます。
創立以来35年間は私の母親が、現在は家内が茶道部を教えています。
今日一日後輩の活躍ぶりを間近に見ていましたが、私は後輩というだけで可愛くて見ていて自然に微笑みが溢れて来ます。
今日一日は後輩と一緒に過ごせて何とも言えず嬉しく、本当に幸せでした。

  
            
                   お茶とお菓子 250円です
e0231554_2082191.jpg



                   立て看板 学生が描きました
e0231554_2072772.jpg


                      立礼席で茶盆点
e0231554_2065877.jpg

[PR]

by pcvhirose | 2011-10-08 20:24